現役英語・英会話講師が英語・英会話の(再)勉強・学習を応援するブログ

現役英語・英会話講師が、英語・英会話が好きで勉強したい、勉強し直したい、長く続けたいというあなたに、単語や文法、アプリや教材など、英語・英会話の勉強法をお伝えします。楽しく続けられて、たくさん幸せを運んでくれる英語・英会話を求めるあなたに!

代名詞 文法 英語を学ぶ

「英語文法のお時間です」英語の文法:代名詞 人称代名詞

2018/03/21

代名詞とは、その名前の通り、
名詞の代わりになってくれる名詞=ものの名前です。

代名詞を使う理由

そもそも名詞=ものの名前があるのに、
なんで名詞代わりになる、
代名詞を使わなきゃいけないのか
気になる人もいるかも知れません。

日本でもそうですが、
特に英語では、
おなじものの名前をくり返すことは
あまり格好よくないんですね。

繰り返しを嫌う

例えば、
誰かとご飯を食べているとして、
テーブルのうえにある塩を指さして、
「それ取って」なんて言いますよね。

ここで言う「それ」はまさに代名詞で、
「塩」という名前の代わりに使われている訳です。

塩を指さしているのに、
さらに「塩とって」と言うと、
(少なくとも英語では)
少しこどもっぽい感じになります。

そんなことから、
英語という言語は、繰り返しを嫌うんですね。

特殊な使い方がある

それと、
後述しますが、
英語において、
少し特殊な使い方をする代名詞というものが
あるんですね。

英語において、代名詞が使われる局面というのは
かなり多く、
同時に、重要な要素となります。

代名詞 その1 人称代名詞

では、
代名詞にはどのようなものがあるのか。

まず
「人称代名詞」というものが挙がります。

これは、日本語で言えば、
「私」「あなた」といったもので、
「日本太郎」など、
個々人の名前を言い換えていますね。

分かりやすく、
表にしてみましょう。

pronoun_paradigm

学校で、
「アイマイミーマイン」なんて
習った記憶があるかもしれませんが、
それです。

主格、所有格、目的格ときくと
難しく感じるかもしれませんが、
中身は簡単です。

主格

主格というのは、
簡単に言えば、主語になれるということです。

所有格

所有格というのは、
例えば「私の車」というように、
所有を表すのに使われます。

「my car(私の車)」「your book(あなたの本)」「his house(彼の家)」
などですね。

ちなみに、所有格と冠詞は同時には使えません。

冠詞ってなに
といいうかたはこちら。

つまり、
×「I have a my car」
◯「I have a car」「I like my car」
ということです。

目的格

目的格というのは、
目的語になれるということです。

目的語については、
こちらで説明しています。

-代名詞, 文法, 英語を学ぶ