現役英語・英会話講師が英語・英会話の(再)勉強・学習を応援するブログ

現役英語・英会話講師が、英語・英会話が好きで勉強したい、勉強し直したい、長く続けたいというあなたに、単語や文法、アプリや教材など、英語・英会話の勉強法をお伝えします。楽しく続けられて、たくさん幸せを運んでくれる英語・英会話を求めるあなたに!

おすすめ英語教材

スピークナチュラルの評価、レビュー、口コミ、評判を私なりに!

2018/05/25

スピークナチュラル 効果,スピークナチュラル 勉強法,スピークナチュラル 購入,

前回からの続き

「スピークナチュラルの効果、勉強法、購入方法がサクッと分かる!」からの続きです。

文法学習には、良い点も悪い点もある

文法。これは、実際に使われている言語を、体系的にまとめたもの。つまり、必ず、言語の後に来る。

そして、言語はいきていて、日々、少しずつ変化する。

「ら」ぬき言葉なんか分かりやすい例ですけども、本来誤用でも、使う人が増えてくると、市民権を得て、正しいものとなってしまう。変化してしまう。

そういうの、文法では追いきれない。例外扱いしていくしかなくて、この例外も無尽蔵に増え続ける。手に負えない。

例えばね、「go」「come」。これ、他の動詞とね、一緒に使ってもオッケー。実はオッケーです。文中に動詞は1つ。これ、絶対のルール。でも、「go」「come」だけは別。

実際に、「I'll go get some food」とかね、普通にいいます。でも、どの辞書見ても、「go」「come」の動詞以外の使用法なんて、載ってない。

文法的には意味不明。でも、使われてるからオッケー。文法依存しちゃうと、解釈できない。こういう生の表現も使えない。

一方ね、文法知っていると、学習する上で、どこが分からないのか。それが分かる。伴って、自分で学習をして、積み上げていくことができる。確実に積み上げられる。

そして、学習における話しをするとき、話が早い。つまり、名詞とか、前置詞とかお互い知っていると、名詞、前置詞で通じる。しらないとね、都度説明しないといけない。

結論、全部あなたの力になる

そもそも論ね、文法はいる、単語は要らない。単語はいる、文法はいらないとかね、そういう話はナンセンス。どっちも有った方がいいに決まっている。決まってます。

結論、バランスよくやる。語彙も、文法も、実践もね。どれも、バランスよくやる。

だから、スピークナチュラルで英語の下地を得て、後でね、文法も身につけて、ステップアップ。これが一番いい。そう思います。

スピークナチュラルのテキスト

スピークナチュラルのテキスト。まずね、スピークナチュラルの特長。特長の説明がある。

スピークナチュラルの特長

スピークナチュラルの特長。ということでね、以下7つが挙げられている。

・超スローリスニング
・日本語→英語の順序
・ひとりのスピーカー
・シンプルイングリッシュ
・マイクロ会話とバーチャル会話
・コントロール会話
・発音トレーニングについて

これ、どうなのか。ちょっとレビューしていきます。

スピークナチュラルの特長1:超スローリスニング

1、超スローリスニング

この教材は、超スロースピードの特殊な音声で収録されています。

超スローといっても、ただ単に遅いという訳ではありません。語句の間に最適なポーズを加えることによって、強力な記憶効果を生み出すように工夫されており、リズミカルで正確な英語を短期間で身につけることができます。

引用:スピークナチュラルテキスト

これ、「超スロー」ときいて想像するような遅さではね、ないです。

そして、「語句の間にポーズを加えることで、強力な記憶効果を生み出す」。こういう風にありますけども、これ、科学的な証拠とかね、なんのソースもない。論拠が分からない。全く。

例えば、くり返しが強烈に多い。これならね、常識的に考えて、効果ありそう。そう思えますけども、きいてみて、端的な感触をいえば、特に効果ありそうな感じ。ないです。

仮に「強力な記憶効果」。これが期待できるとしても、同じようなポーズ。他の教材の音声でもある。

結論、空回った話。そんな感じがしてしまう。

スピークナチュラルの特長2、日本語→英語の順序

2、日本語→英語の順序

英語をスムーズに話すためには、「これを言いたい」と思った瞬間に、脳が瞬時にそれに対応する表現を検索し、引き出す必要があります。

しかし、私たちの脳の中には英語自体がほとんどなく、覚えた英文も、頭の中でバラバラに存在している状態です。

つまり、覚えた英文のうちのどれかを使いたいと思っても、素早い「検索」ができないのです。

そこで、この教材では、英文のまでに、日本語を配置し、日→英の順序で記憶していくトレーニングをします。

これによって、英文に強力な検索の手がかりができるため、学習者が自分が言いたいと思った内容を瞬時に英語にして、発信することができるようになります。

引用:スピークナチュラルテキスト

これ、言語形成期外。かつ、初心者さんに限定。そうなると、効果期待できそう。そう思います。

スーパーエルマーVOA」でもお話してますけども、人にはね。言語形成期。そういうものがある。

4~11歳が言語形成期にあたりますけども、これを過ぎると、他言語をそのまま入れる。これが困難になってくる。だから、母国語を併用した方が効率的。

一方でね、理想を言えば、英語を英語のまま理解して、吐き出していく。こうなる。その意味で、英語の比率を増やす。その必要がある。

結論、中級もある程度に至ったら、英語を主に、日本語の比率を下げていく方がいい。そう思います。

スピークナチュラルの特長3、ひとりのスピーカー

3、ひとりのスピーカー

本教材では、ひとりのバイリンガルのスピーカーが、日英すべての英文と語りを読み上げています。

これは、男性と女性など、異なるスピーカーの組み合わせだと、脳がその会話を「他人の話」としてとらえてしまうため、英語が身につきにくくなるからです。

その点、ひとりのスピーカーであると、脳が一種の「「錯覚」をおこし、まるで自分が話しているかのように感じるため、使える形で英語が記憶されます。

引用:スピークナチュラルテキスト

一人のスピーカーが話してね、それに自分を同一化させることで、音声内容が染み込みやすくなる。

ま、これも論拠が示されていないのでね、なんとも言えませんけども、なるほど。そういうこともあるのかもしれない。そうは思います。

でもこれ、内容がダイアログ。つまり、会話形式になっている。Aさんが話して、Bさんが答える。そういう風になっている。

それを両者とも、同じ人間が担当して、それに自分を同一化させる。なんかよく分からない。

で、現実、会話やコミュニケーションって言うのは、相手がいて成立する。当然。そのリアルな状況を意識しにくい。よりリアルを意識しにくい素材にもなっている。そうも考えられる。

初心者さんが基礎を築く。そのためには効果大。効果大かもしれませんけども、これ、そこまでしか使えない。中級以上には対応しない。

そしてね、ひとりのスピーカーを使う。それ以前に、スピーカーが、ちょっと素人くさい。

そして、一人が喋る。そして、効果音も、BGMも全く無い。さらに、ストーリーもない。なのでね、単調で、めちゃくちゃ退屈。きいていて全く楽しくない。楽しくないです。

心地良い訳でもないから、眠くもならない。

スピークナチュラルの特長4、シンプルイングリッシュ

4、シンプルイングリッシュ

私たちのように英語を母語としない者が、短期間に話せるようになる為には、「シンプルイングリッシュ」、つまり、

1:短く(7語前後以下)
2:やさしく
3:世界のどこででも通じる英語

を学ぶことが必須です。

むやみにネイティブの英語を追いかけると、一生かかっても英語は話せるようになりません。

今、世界標準となりつつある英語は「シンプルイングリッシュ」なのです。

引用:スピークナチュラルテキスト

初心者が学習するうえで、シンプルイングリッシュ。それなら分かりますけども、世界標準となりつつある英語は「シンプルイングリッシュ」。言い過ぎです、言い過ぎ。

会話は、短く、やさしく文。複数組み合わせて成り立っている。それは分かりますけども、短く(7語前後以下)、やさしい表現だけで成り立つ英語。これが世界標準。言い過ぎ。

ちなみに、「Keep It Short and Simple」。つまり、「短く、シンプルを保つ」っていうね、KISSの法則っていうのがある。英語にはある。

でもね、これ、「Keep It Short and Simple」。短くて、シンプルなことだけを言えればいい。そういうことではない。

表現をする時は、むやみに複雑に、重厚長大にせずに、短く、シンプル。相手に伝わりやすく。そういうことで、短く、シンプルな表現だけ知っていればいい。成り立つ。そういうことではない。

そしてね、ネイティブのリアルな会話。それも日常会話。そうなると、ビッグワードと呼ばれる難解な単語。そう使わない。平易な単語を組み合わせて使う。

でも、難解な単語知らないわけじゃない。使えるけど、使わない。カジュアルだけじゃなく、フォーマルな状況。婉曲表現とかね、重厚長大な表現も理解できる。

スピークナチュラル習熟しても、ネイティブのリアルな会話についていけるわけではない。映画やCD、理解できる様になるわけでもない。初級卒業。それだけです。

もちろん、初級卒業。これは、すごく大きなステップ。あなたが英語ぺらぺらになる為の、めちゃくちゃ大きなステップ。

めちゃくちゃ大きなステップですけども、学習。そこで終わりじゃない。初級英語だけで全てまかなえる、初級英語が世界標準になる。そんなことも有り得ない。

スピークナチュラルの特長5、マイクロ会話とバーチャル会話

5、マイクロ会話とバーチャル会話

会話をスムーズにつなげるには、まず会話を小さなブロックに分けてしっかりマスターし、あとでそれを組み合わせるということが大切です。

だらだらと細く長く続く会話をいくら勉強しても、話せるようにはなりません。

本教材では、この点に配慮し、会話を利用して学習をすすめます。

また、総仕上げとして、「バーチャル会話テスト」が用意されており、実際に話すときと同じような感覚の会話体験ができます。

引用:スピークナチュラルテキスト

短く切り分けて、文を理解する。これは、効率いいやり方。そう思います。ただ、これ、他の教材もそうなっている。

ただ、同様のメソッドを取り入れている教材、多い。多くの教材が、1文を切り分けた。ないしは、短文に分けて学習できるようになっている。

一方、自分でね、テストができる。これは、スピークナチュラル以外にない。知る限りない。そして、あると学習に便利。なのでね、すごいいいな。そう思います。

次回に続く

長くなったのでね、「スピークナチュラルは初心者におすすめ?公式ページへのリンクも!」に続きます。

スピークナチュラルの購入方法

下にある赤いボタンからね、公式のページに飛べる。公式ページから、購入手続き。そして、商品の詳細もチェックできるのでね、気になる人は見てみてください。

スピークナチュラル 効果,スピークナチュラル 勉強法,スピークナチュラル 購入,

-おすすめ英語教材